修繕積立金の積立方式〜均等積立方式と段階増額積立方式

マンションは年数によって必ず劣化するものです。良好な居住環境を確保、資産価値の維持・向上を図るためには、 修繕工事の実施が不可欠です。では、そのための修繕積立金はどのように集められているのでしょうか?

修繕積立金の積立方法には、計画期間中均等に積み立てる「均等積立方式」と、初期の積立額を抑え段階的に値上げする「段階増額積立方式」があります。また、修繕時 における一時金の徴収等を併用する場合もあります。

目次

均等積立方式

均等積立方式は前述の通り、計画期間中均等に積み立てる方式です。そのため、そのため、毎月の修繕積立金が変わることがありません。後々の未払いや積立金の滞納のことを考えると「均等積立方式」のほうが望ましいとされています。

段階増額積立方式

段階増額積立方式は10年等の単位で徴収する修繕積立金があがる方式です。

この方式の場合、分譲時の修繕積立金が分譲時の2倍以上になっているというケースもあります。新築マンションの倍は、ほとんどが「段階増額積立方式」を採用しており、購入時は修繕積立金が安く設定されています。

この方式は区分所有者への負担が後々増えるため、計画通りの増額ができない、修繕積立金が滞納しており計画通りの修繕が行えないなどの問題が発生しています。

多くのマンションで「段階増額積立方式」を採用しているのは、販売時のランニングコストを低く見せるためですが、それが原因で修繕積立金不足マンションが多数発生しているのです。マンションが抱えるお資金問題で詳しく説明しています。

なお、国土交通省が発表している「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」にて、積立金額の相場と適正額を調べることができます。

管理会社の見直しでマンション管理を改善する

割高な管理費、足りない修繕積立金、対応の悪い管理会社など、マンション管理に問題を抱えている管理組合は少なくはありません。

私たちは管理会社の見直しを通じて
管理費を削減し、管理の質を改善したいと考えています。

管理会社を見直しによって

  • 年間20%以上の管理費の削減できた
  • 修繕積立金が増え年300万以上マンションの貯金が増えた
  • 管理会社を見直したことで管理仕様が適正化され質が上がった

など、多くの改善事例があります。
管理会社の見直しで、マンション管理は必ず改善します。

自分たちの手でも管理会社の見直しを進めていただけるように、マンション管理にお悩みに理事、修繕委員、管理組合の方のために、管理会社見直しによる削減事例と見直し手順を一冊のE-Bookにまとめました。

ぜひダウンロードしてご活用ください。

管理会社の見直しでマンション管理を改善

管理費が高い、修繕積立金が足りない、管理会社から値上げの提案をされているなど、マンション管理に悩みや不安はありませんか?

管理会社マッチのサービスでは、管理費の削減管理の質を改善するためにニーズにマッチする管理会社の紹介から変更まで管理会社の見直しを無料サポートします。

  • マンションの管理費を削減したい
  • 修繕積立金の値上げ、不足を解消したい
  • 管理会社の変更を検討している

など、マンション管理でご相談があれば遠慮なくご連絡ください。年間100件以上の管理組合、マンションオーナー様からご相談を頂いており、管理会社の見直しで疑問や分からないことがあれば当社がサポート致します。費用は一切かかりませんので、お気軽にご相談ください。

マンションの管理は必ず改善できます!

目次